2012年09月30日

違う…汗

suomy_smoke.JPGいうことで、
DUCATI純正のSUOMYのヘルメットの
シールド交換しようとしたら、
取り付け部の形状が違う…(汗)

ヘルメット買った時に、つけてもらったんだけどな〜

どこかへオリジナルシールドを持って探しに行かなきゃ〜
posted by smdj at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Ducati | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイパー考…

クルマ好きの仲間と話して、
根本的に大きな進化をしていないもののひとつに、
ワイパーがあるのではないかという話になった。

もちろん、
・(昔のレパード?で採用された)雨滴感知式ワイパー
・速度感応式ワイパー
などはあるが、
モーターが(リンクを介して)ブレードを動かすという概念は
何十年と変わっていない。

スーパーレインX、ガラコのような液体ワイパーは、
ひとつのエポックだったが、
低速時など、完全にそれだけで、カバーはできない。

ドアミラーなどだと、超音波で雨滴を蒸発させることができるが、
あくまでも直接濡れずに、ある程度の時間をかけて蒸発させることが許される。
それをフロントシールドに使うとなると、かなり強力である必要がある。

もちろん、今の形式のコストを大きく超えることはできない。
当たり前の機能だから、それに対して、お金をそんなに払ってくれない。

個人的には、目の前をワイパーが動くことがあまり好き出ないので、
フロントシールド自体に雨滴を瞬時に除去する機能が欲しい。

最近流行の生物の特徴?にヒントがあるような気がする。
すぐに水を弾いて、雨の中で平気で行動している動物の目とか。
そういう作動パワーが不要な(恐らく微細な)加工をウインドシールドにする…かな。

そうなれば、右ハンドルでも、左ハンドルでも、関係なくなる。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柔よく剛を制する…

staff.JPG広島初のCS進出の「夢」が途絶えた。
終盤に来ての
・CSを争うヤクルトとの直接対決、
・お得意様?の横浜(横浜ファンの人ゴメンナサイ)
に勝てなかったのが大きい。

大野コーチ率いる投手陣は立派な成績だったと思う。
あの失点、防御率で、勝てないのは、やはり打撃陣、
ひいては首脳陣に課題ありだと思う。

「プロ」野球だから、ある面では、興行である。
(媒体経由で見聞きしている人を含めた)ファンの納得具合も重要だと思う。
・(結果的に打てなくても)あそこで、前田智をだしてくれれば…
・(結果的に逆転させても)マエケンを続投させていれば…
・(結果的に点を取れなくても)ここは、強打ではなく送りバンドだろう…
というような例。

勝っても負けても、いかに納得してスタジアムを後にしてもらうか。
マツダスタジアムに来ている多くのカープファンは、
凡打に倒れようが、前田智の打席が見られれば、
それなりに満足して帰られると思う。
似たような存在だったのが、今季限りで引退する石井
球団生え抜きでないのに、出た時の歓声は大きい。

勝率を登録選手や先発メンバーの年俸で割った数字にすると
広島はダントツの一位だと思う。
コストパフォーマンスは格段に高い。
潜在能力はある。

もちろん、そういう営業力、政治力を含めてプロ野球だと思うが…。

日本には「柔よく剛を制する」というステキな言葉がある。
広島は、「剛」より「柔」が似合う球団であり、
これからも、そうあり続けて欲しい。

※意見には個人差があります。
posted by smdj at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早くQiを…

qi_case4.JPGまだ、iPhone5用のQi充電用のケースが売られていない。
(とりあえず、ポリカーボネートの透明のケースに入れている)

4でQiに慣れてしまった身としては、実に辛い。
帰宅して、充電パッドに置くだけで充電。
さらに、それをトリガーにWi-FiでMacと同期を始める
というのは、実に、アップル製品らしい、使い方だからだ。

5自身がその機能を持つのではというウワサもあったので、
開発自体が遅れたかも知れない。
それとも背面がガラスから、合金に変わったので、
何らかのクリアしないといけない技術的な問題があるのか。

ただ、ユーザーとしては、すでにカバー以上に値の張るパッドを持っているし、
ぜひ5用を出して欲しい。

4用は、Maxellサンワサプライから出ていた。

それも、できるだけ、iPhoneのデザインをスポイルしない方向で…。
posted by smdj at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タダでは、転ばない…(笑)

sounddock.JPGiPhone5からDockコネクタが30ピンから、
小さなLightningコネクタに変わったので、
BOSEのSoundDock(初代?)が使えなくなりました。

それで、Dockコネクタ形状のBluetoothレシーバー
引出しから引っ張り出して、ワイヤレスで接続してみました。

これで、SoundDockを活用し続けることができます。


本来はAirPlay対応ならいいんだろうけど、
もう7年くらい前(iPhoneが生まれる前)に買ったSoundDockなので…。
posted by smdj at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題です…


問題:
(アップル以外の)どこかのメーカーが
4.7インチのスマートフォンを出すという情報を入手しました。
そのディスプレイの縦、横の長さは何ミリと推測しますか?

----

という問題を後輩に出してみました。

ただ、これだけでは、正解は出ません。
情報が不足しています。
というか「正解」はありません。

しかし、ある程度の知識と推定から、
恐らく、こうだろう、という「解答例」は出すことができます。

その知識と推定は、恐らくディスプレイのアスペクト比が
「16:9」だろうということです。
競争で生き残るためには、規模の追求が必要で、
大手の寡占状態である装置産業である、ディスプレイ業界では、
通常のハイビジョンテレビと同じ「16:9」というアスペクト比を採用する方が、
有利だという推測。

もうひとつのイマジネーションは、4.7インチという中途半端な数字から、
なにか感じないかということ。

この情報を追加して、解答例を作成してください。
中学生の数学で解けるはずです(笑)

----

iPhone5のディスプレイは、4Sまでの「3:2」から16:9に変わった。
「慣れ」の問題があるが、圧倒的にこれまでの3:2の方がバランスよく、美しい。
3:2は、従来のテレビの「4:3」でもない。
恐らく、ジョブズがこだわったんだと思う。

個人的な推測だが、アスペクト比を変えたのは、
3.5インチから4インチに、大きく(長く)するためではなく
あまりにもメジャーになり、大量のディスプレイを調達するためには、
その美しい比率を手放さなざるを得なかったのではないかと…。
posted by smdj at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

とっさの一歩…

雑踏の中を歩いていて、
対向してきた人と、ぶつかりそうになって、
片側に動くと、その人も同じ方向に動いてしまう。
そして、また反対に動くと、相手も…って、ことありますよね。

ワタシはそういうことが、恐らく他人より多いのかな〜と思います。

これを物理的に考えると、自分が:
・どちらの方向(左右)に動くか?
・どのタイミングで動くか?
に分解できます。

こういう経験が多い人は、
1.相手と同じ方向に動いてしまう。
2.相手と同じタイミングで動いてしまう。
その両方が同時に起こるということである。

自分のことを考えると、
まず、2については、「反射的に先に動こうとする」傾向がある。
すると、相手も、そういうタイプの人であると、
それが発生する確率が高い。
「まず、自分で動こう」と思うタイプなんだと思う。

次に、1に戻る。
動く方向は、その時の:
・真っ正面具合
・周囲の人を含めた物理的状況
に影響されると思うが、
ふと振り返ると、最初に動き、同調してしまう方向は、
どちらかというと、「左」が多い気がする。
相手が、ワタシから見て「左」(本人から見て「右」)に動いた場合に発生する。

ここからは、仮説なのだが、ワタシが「左利き」だからではないだろうか。
左利きだから、とっさに左に一歩動く。
他人は、右利きの比率が高いので、右に動く。
そうなると、同じ方向に動くことになる。

まとめると、
・自分から先に行動を起こそうと思う人同士で
・右利きの人と、左利きの人が相対した場合
に、発生する確率が高く、
たまたま、ワタシがそれに当てはまるのではないかと…。

----

余談だが、もうひとつ要素を加えるとすると、
その人の視線(≒思考)がどの辺りにあるかということだと思う。
ワタシは、どちらかというと、少し先を見て、全体を俯瞰する傾向がある。
(例えば、小雨だと、ワイパーを使わなくても、気にならない。
 ウインドウの先に焦点を合わせているので、雨粒が気にならないのである)
その結果として、直前のことに割く比率が少なく、
気がついた時には、目の前に、対向してきた人がいるのかも知れない(汗)


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛ばす…

transmitter.JPG本当は、有機ELのヘッドマウントディスプレイが欲しいのだが、
さすがに、そこまではいけないので、
Bluetoothの送信機(受信機にもなる)HWS-BTA2WAを手に入れた。

普段使っている、
・Bluetoothレシーバー
・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
・サブのテレビ
と組み合わせれば、簡易に音だけは、すこし臨場感を持てる。

部屋を少し動いても、聞こえ方は変わらない。

充電バッテリー内蔵のモバイル用送信機は、結構売っているが、
AC電源で常設を意識した送信機は、このモデルくらい。

特性上、画像と音に少しのタイムラグがあるのは、目をつぶって。

----

中1か中2の時に、ソニーのFMトランスミッターを買ったのを思い出した。
小さい店にはないので、家から30キロくらい離れた
第一産業(今のデオデオ)の本店で買った。
(今思えば、店頭に在庫があったのは、さすが…)
型式は思い出せないのだが、緑の箱に入っていて、2,500円だったと思う。
単3電池、2本を入れて、モノラルのミニプラグをテレビに接続すると、
テレビの音声をFMの周波数で送信してくれた。
そして、モノラルのラジカセ受信して、テレビを録音したりしていた。

あの頃から、こういう機器に目敏くて、好きだったんだな〜(苦笑)
posted by smdj at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

マルチペアリングとマルチポイント…

ソニーからマルチポイント対応の
BluetoothレシーバーDRC-BTN40が出るようです。
posted by smdj at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

あの人に…!?

ボーズ SIE2 スポーツヘッドホンBOSE初のスポーツヘッドホン
Bose SIE2i sport headphonesが出たようです。
posted by smdj at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする