2013年05月31日

BOSEでスポーツ⋯

期間限定スポーツヘッドホン プレゼントキャンペーンボーズ SIE2i スポーツヘッドホン
ブルーが追加になって
キャンペーンしているみたいです。
posted by smdj at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は瞬間○○○ではないですが⋯

手を洗おうとして
手を伸ばすと、お湯が出てびっくりした。
それで、思い出したことがある。

子供の頃、
我が家にやって来た「瞬間湯沸器」を見て、
「なるほど」と思ったことが3つある。

一つ目は、お湯の出口を触ってみて⋯。

ざらざらしていて、網のようになっている。
鏡を持ってきて覗くと、細かい管の集合体。
水を細かい管に分散させて、そこに炎を当てて、
瞬間的に沸かしているんだな〜と思った。
管が細ければ、水量に対して、表面積が増して、
熱効率がよくなるし、
他の冷たい部分に熱を奪われることもない。

二つめは、温度調節のダイヤルを捻ってみて⋯。

ダイヤルを回すと、お湯の温度が変わる。

でも、よく見ると、あることに気づいた。
お湯の量が変わっている。
熱くすると、お湯が少ない。
温くすると、お湯が増える。
当たり前だが、火力は一定で、
供給する水量を絞って温度を変えていたのだ。

三つ目は、蛇口を捻って、ガスが点火するタイミングをみて⋯。

水が出だして、若干のタイムラグがある。
普通に考えると同時であって欲しい。
でも、あえてタイムラグがある。
出す水が少ないときは、点火しない。
そうか、水がちゃんと出て、その水力を使って、
ガスを送っているんじゃないかと。
もし、水とガスが別のトリガーで動いたら、
ガスだけが出てしまい、空焚きになり、火事になることもある。
それを防ぐために、
あくまでも水の力に連動してガスを送っているんだな〜と思った。

電子制御とかじゃないけど、
昔の機械はシンプルによく考えられていると思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

4Kの低価格化⋯

東芝の新しい
4Kテレビ58Z8Xがでるらしい。
posted by smdj at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左対左…

左バッターに、
ワンポイントリリーフで
左ピッチャーって、
本当に効果あるのだろうか。

あくまでも抑えるのが目的で
左ピッチャーへの交代は手段。

その目的を叶えているのだろうか。

少なくとも、私が観ている範囲では、
あまり意味がないように思える。

力のあるピッチャーは
相手が右だろうが、左だろうが
それなりに抑えている。

バッターも力のある選手は
右投手でも左投手でも打っている。

ワンポイントで使うほど
ピッチャー陣が豊富なわけではないので
そういうことや、球数に囚われず、
その日調子のよいピッチャーは
どんどん投げさせればいいんじゃないかと⋯。

それに、ピッチャーにしろ
バッターにしろ、
チャンスを与えないと
それを克服する力は育たないと⋯

素人のワタシは思う。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

風呂敷テレビ⋯

相変わらず「ハード先行」の
日本メーカーの姿勢はどうなんだろうか。

4Kテレビ。
案の定、ブレークしなかった3Dの「二の舞」ではないのか。

ハードはあっても、観るものがない。
ブルーレイなどの画像を「補間」してスムーズにすると言っても、
放送自体が4Kに変わらないと普及は難しい。
結局、値崩れに繋がる。

ユーザーの興味はそこにはないと思う。
それだけの画質で観たいと思うコンテンツもない。
今のフルハイビジョンレベルで十分だと思う。
(さすがにもうDVDの画質には戻れない)

それこそ、それだけの微細さを必要する
ある特定のプロの分野で必要なだけではないか。

まあ、思えば、ワイドテレビの普及にも時間がかかった。
16:9のワイドで放送されていないのに、
ワイド画面のテレビを平然と売っていた。
個人的には、
「あるモノを、そのままの比率で見ない」ことに抵抗があったので、
CRTの両サイドが「焼ける」のを覚悟して、
4:3の放送をあえて横に伸ばしてみることはしなかった。
ハード先行で、実ったが、時間がかかった。
変化の速い今の時代、それだけ我慢することはできない。

スマートテレビにしても、
インターネットと連動するくらい、というイメージしかない。

----

今、私にどんなテレビが欲しいかと問われると、少し困る。
強いてあげれば「風呂敷テレビ」
「お風呂テレビ」ではない⋯。

折りたためば、名刺サイズで立っていても使える。
少し広げて、狭い部屋で使う。
和室では寝転がって、新聞のように使う。
リビングでは、最大広げて、大画面。
水に濡れても大丈夫。
それこそ風呂敷。

重量はポケットに入るくらいの数百グラムで、
その中に、すべての機能、情報も入っている(もしくは受け取れる)
電源もアンテナの線もない。
すべての情報はワイヤレス。
本当に一枚の薄いフィルムで、その振動で音も出る。

人の風呂敷でも、
自分が権利を持っているコンテンツを観ることができる。
もし忘れても大丈夫。

夢のような話ではあるが、
これくらいのインパクトがないと、ハードだけでの魅力は感じない。

日本人だから考えられる「風呂敷」という文化⋯。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

未来のクルマとミイラのクルマ⋯

昨今の、
・エコカー系
・自動操縦系
の報道を見ていると、
不安になることがある。

それをヨシと思い、望んでいる人を否定しないし、
それも大事だと思う。

しかし、そのために、それ以外のクルマを
・作れなくする
・売れなくする
・乗れなくする
ということは、やめて欲しい。

少なくとも、既にこの世の中に存在するものは、
それを廃車にするまでは乗り続けられるようにして欲しい。

私や周囲のクルマ好きの嗜好は、
ある時点で止まっているから。
そういう新しい制約が加わると選択肢が極めて減ってくる。

クルマを単なる道具、移動手段としか、考えなくなった時点で、
自動車産業は衰退を始めると、個人的には思う。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CMの次は××⋯

最近のテレビ番組で
気になることがある。

「CMの次は○○」という手法。
視聴者にCMを見てもらおうという努力は
スポンサーからお金をもらって成り立っている民放なら
当然の行為だと思う。

ただ、それが最近、酷すぎないか。

「CMの次は××」という、××が:
・本編ではなく、次回(次週)の予告
・ほんの5秒くらいの一瞬のエンディング
は、ナシだと思う。

放送時間に応じて、CMの時間の比率に制約があることは知っている。
しかし、
放送時間の最後を「次回の予告を含む、ある程度の長さの内容を含む本編」にし、
その前に、「最後のCM」を流すのは、いけないのだろうか。
その方が、双方にメリットがあると思うのだが⋯。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

ピットウォール気分で⋯

結果は
書かないが、
モナコGPは面白かった。

Live Timing見ながら、
ヘッドホンで音声を聞いて⋯(汗)


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対策の日々⋯

screws.JPGこの対策として
M6でクビ下8mmのトラスネジを入手した。
長さはオリジナルより短いのに、
最後まで入らない⋯。

先端の微妙な「面取り」の有無が効いているのか⋯。
posted by smdj at 14:48| Comment(3) | TrackBack(0) | Ducati | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする