2017年08月12日

今日の和?クレープ…

crepe_wa.JPGクレープ
+抹茶アイスクリーム
+ホイップクリーム
+小倉あん
+オレンジのコンポート
+ミントの葉

クレープに和風?のモノを包んで…
posted by smdj at 21:46| Comment(0) | Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目的と手段の区別をしましょう!

わからない。

本当に緒方さんの考えていることはわからない。

「目的」と「手段」を勘違いしていないか?

例えば
・先発に長いイニング投げてもらうこと
・リリーフにも休んでもらえるようにすること
・リリーフには、負担の少ないイニング頭から投げてもらうこと
・逆に調子よくても、球数が多くなると替えること
・相手左投手には、右打者を多用すること
・過去のデータに基づくこと
・調子悪くても立ち直るのを期待して使い続けること

これらは、あくまでも勝つための「手段」

決して「目的」ではない。

目的に合うように、手段を考え、工夫し、変えるのが
ベンチの役目。

同じ手段を繰り返すのなら、
誰がやってもいいし、
コンピュータにやらせておけばいい。

素人や、コンピュータには、理解できないところの
見極めをして、手段を使い分けるのが、
ベンチの仕事だと思う。

意表を突くこと、なども、コンピュータは、苦手。
そこに、人間の価値がある。

誰でもわかるということは、相手チームにも
ばれているということ。

その目的を逸脱した手段へのこだわりは、
他の選手にも、伝染する。
普段しないようなミスを繰り返す。
それは、選手のせいではなく、ベンチのせい。

本当に緒方さんには、カーブの監督やめて欲しい。


仕事柄もあるのだろうけど、
私は、選手のプレイには、そんなに文句を言わない。
強いて上げれば、
簡単に先頭打者に四球を出してしまうことと、
走者を貯めないといけない場面で、早打ちをしてしまうこと
くらい。

常に観戦は、ベンチ視線である。
こうだったら、こうするよな、とか、
ベンチの判断を観てる。

ゲームの展開、雰囲気、
選手の状態、好不調、気持ち、
相手の状況などに応じて、
どう判断するか、そこを無意識に観ている。

だから、つい、そこに文句が行く。

選手にケチつけることは滅多にない。

上司は部下を選べるけど、
部下は上司を選べない。

権限もあるけど、責任があるのが上司。

会社も、野球もまったく同じ。

有能な経営者であれば、野球のことは、
そんなに詳しくなくても、必ず勝てると思う。
野球に詳しくコーチがいれば、
監督は、ルールさえ知らなくてもいい。

選手時代に、それなりの結果を残したからと言って、
必ずしもよい指導者には、なれない。
往々にして、逆のことが多い。

あまりにも、自分の過去の成功体験に縛られるために…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 11:11| Comment(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする