2016年09月25日

よけい遅くなる…!?

airmac.JPG書斎のケーブルモデムに
Time Capsule(802.11ac)を接続した。

余ったAirMac Extreme(802.11n)を
リビングに持って降りて
Wi-Fiネットワークの拡張するための設定にした。

寝室のレコーダーに録画してあるものを
リビングのBRAVIAにDLNAで飛ばして観るのが、
途切れなくなる、という想定。

それが、以前よりはよい気もするが、
やはり途切れる。

さて…(想定外)


書斎とリビングの間は、
家を建てた時にLANケーブルで繋げている。
それで、Time CapsuleとAirMac Extremeを有線で繋げば
改善するのでは!?

早速トライ。
しかし、逆に、明らかに悪くなった。

ギガビットイーサネットが出る前のことだから
使われているLANケーブルが「カテゴリー5」か。

これをカテゴリー6に入れ替えれば解決するか?

パネルを外して、元々の配線に、新しいケーブルを結んで
片側から引っ張れば、入れ替えできるだろうか。
posted by smdj at 19:10| Comment(3) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解決するかどうかは別ですが スループットはカテ6よりカテ7の方が確実に上ですので どうせ入れ替えるならカテ7の方が良さそうな気がします ちょっと高価ではありますが
Posted by のじ@10気筒 at 2016年09月25日 22:29
光回線をギガのプランに変えたのにパフォーマンスが出ないって時に、ケーブルがボトルネックになってたってのは聞く話ですね。
Posted by chris at 2016年09月26日 12:48
ありがとうございます。

レコーダー(2階)
→LANケーブル
→イーサネットコンバータ(300M)
→(無線)
→Time Capsule
→埋設LANケーブル
→AirMac Extreme
→(無線)
→イーサネットコンバータ(1200M)
→LANケーブル
→TV(1階)

という経路になっているので、
まずは、(無線部を仮に有線にするなどして)どこがネックになっているか、
消去法で絞り込んで行こうと思っています。
Posted by smdj(編集長さんま) at 2016年09月28日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442244086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック