2017年05月19日

「心の管理」か「お飾りパンダ」…

カープの試合を観ていて
うーん、と思うのは、
プレイ自体ではなく、常に、その前の判断。

プレイには、どうしても、ミスや、不出来が付きまとう。
人間がすることだから。
それを安定させるために、練習は必要だが、完璧にはならない。
その日の心とカラダのコンディションもあるだろう。

それを認めないのなら、ロボットにプレイさせればいい。
同じことを同じようにやる。
エネルギーを絶やさずに、壊れなければ。

そういう変動があるからこそ、スポーツは、面白い。


気になるのは、「瞬時ではない」判断の部分。
瞬時の判断は、ほぼブレイの一部とみなしていいと思う。

瞬時でない判断は、それなりに落ち着いて考えればいいだけ。
・先発メンバー
・投手交替
・代打、代走
・投球の指示
・守備の指示
・攻撃の指示
・劣勢時の鼓舞
など。

負けている試合、それもつまらない負け方をしている試合は、
必ずといっていいくらい、
ここの「瞬時ではない判断」に、納得性がない。

そして、ほとんどの場合、案の定…となる。

だから、ファンも、選手も、テンション、モチベーションが下がる。

だから、連敗になる。
つまらない試合が続く。

ベンチの仕事は、「心の管理」だと思っている。
心がわからない人に、ベンチは任せたくない。

「お飾りパンダ」がいるのなら、本当に「お飾り」だけしておけばいい。
それも、一つの手だと思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック