2017年06月18日

いい「見切り」…

まだ試合途中だか
先発の中村は、
カープ若手投手陣共通の悪い癖が出た。

1-1の2回表、
先頭打者に四球、
一死を、挟んで、ストレートの四球。
どっちも粘られた結果の四球ではなく
明らかな一人相撲の四球。

四球だけで無意味な走者を溜めるパターン。
その後、当然のように連打を浴びて、
あっという間に、さらに3失点。
その内、2得点は、四球の走者。
もったいない。

しかし、今日のカープベンチは、
いつもより行動が早かった。
さらに、一三塁にされたところ、
1-2/3イニングで九里に交替。

いつもなら、二死だし、
裏に打順が回るというケチな考えで、
続投させて、
さらに失点して、元も子もなくなるパターン。

交流戦最終戦で、中四日空くから、
早い交替ができたのかも知れないが、
普段から、これくらいの「見切り」をして欲しい。

現時点では、序盤で、2-4と負けているが、
早い「見切り」が功を奏して、
最終的には勝つ気がする。

少なくとも、野手のストレスは低減されているはず。


試合結果:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017061806/top


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック