2017年12月09日

本当にエコ…!?

人間の人生で一番死亡のリスクが高いのは、生まれる時。

クルマの場合、一番負担がかかるのは、
エンジンを始動する時だと思う。

クルマの、ある移動単位が「生まれる」時。


・バイクのエンジンをキックでかけたことがある人
・農機具や発電機のエンジンを紐を引っ張ってかけたことがある人
・マニュアル車のエンジンブレーキを感じたことがある人
・ギアが入ったままのバイクやクルマを押そうしたことがある人

そういう人は、わかると思うが、
エンジンの抵抗は、とても大きく、
それを電気で始動しようと思うと、
非常に大きなエネルギーが必要で、
そのために機器にかかる負荷も大きい。

いつもセルでエンジンをかけて、
オートマチックのクルマしか乗ったことない人には
イメージできないかもしれない。

それだけ、エンジン始動は、大変なことだと思っているので、
アイドリングストップには、疑問を感じている。

確かに燃料消費という面では、省エネになるだろう。
しかし、クルマ、部品の寿命まで考えた
長いスバンの省エネになっているのだろうか。


アイドリングストップは、
複数の条件が満たされないと機能しないような設計になっている。
その中の、体勢や、安全に影響ないインターロックを誤認識させ、
条件が成立しないようにすれば、
アイドリングストップを使わなくできるだろう。

それよりもアイドリングストップの使用不使用を
ユーザーに開放するべきだと思う。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 13:57| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

守秘義務…!?

軍事的な問題が起こった時
テレビに出てくる元自衛官とかという人たち。

あの人たちには守秘義務はないのだろうか。
あの程度の発言は、機密ではないのだろうか。

素人目に大丈夫なのかな〜と思う。

まあ、それが続いているということは
許容範囲なんでしょうが…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 23:44| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

需要のあるところに…

またNHKの受信料が
ニュースになっている。

要するに、本質的な問題にメスを入れないからだ。

もう時代は違うんだから、
「公共放送でしかできないこと」に特化し、
既得権を捨てて、もっとスリムになることだと思う。

そうすれば、受信料を大きく抑えることができ、
「それなら払おう」という気持ちにもなる。

「提供されるもの」と「徴収されるもの」のバランスを取る。
それだけのことだと思う。

国としては、技術立国として復権するために、
もっとすべきことはたくさんある。
NHKの優秀な人材を他の国の機関に投入すればいい。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 21:13| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

世の中は相対的…

若い頃は、
アメリカの陪審員制度に疑問を持っていた。
「普通の人」が裁く、ということに…。

日本に裁判員制度が採用された頃も、そう思っていた。


しかし、歳を取るに連れて、
その方が理に適っていると思うようになった。
(もちろん、裁く人の集合が、
統計的に無作為に抽出されたものである必要はある)

物事の善し悪しに、「絶対」というものはない。
時代、状況、経緯、環境、いろんな要素の中で、
「相対的」に決まる。

全会一致で、それが良い、悪い、ということはあり得ない。

つまり、それぞれのケースで、
・良いと思う人が多いか、
・悪いと思う人が多いか、
そういうことなんだと思う。

そう考えると、陪審員制度や裁判員制度は、本質としては悪くない。

ただ、現実問題としての運営方法としては、改善の余地はあると思うが…。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 21:23| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

効果あるのか…!?

東京ビッグサイトや
幕張メッセに行って思うことがある。

民生品ならまだしも、
産業用製品、サービスの展示会で、

モデルを雇い、それなりのノベルティを配って、
集客をしているブースって、
いったいなんなんだろうか…。

民生品なら理解できる。

産業用の製品、サービスは、
そういうところが「判断基準」ではない。

それで、名刺を集めたところで、
その後、実のある商談に繋がるとは思わない。

稟議書に
「モデルが綺麗だったから」
「ノベルティがよかったから」
と書いても、決裁されない。


少なくとも、私には逆効果だ。
製品やサービスに魅力や自信がないから、
モデルやノベルティに頼っている、
そう思う。

そして、そういうブースには、あえて近づかない。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:44| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

メカは美しい…

flip_clock.JPG昔のメカは
美しい。

メカで実現しなければいけないから
よく考えられていて、
その機能美がある。

例えば、空港などの時刻表示のフリップ。
パタパタパタと表示が変わる。

今だとディスプレイか電光掲示板になっている。
メカでなく、ほとんどがエレキだから、
自由自在にできる。

それを創意工夫して、
メカで実現している昔の装置は
素晴らしいと思う。
posted by smdj at 11:41| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喧嘩両成敗…

私は、
相手に「僅かな」非もないのに、
問題を起こす人は、まずいないと信じている。

しかし、結果的には、どちらかが目立つ行動に至って
一方的に非難されることが多い。

もちろん、目立つ行動に至った人を赦すということではない。

それはそれとして、
相手側の「僅かな」非にも、同様に焦点を当てて欲しいと思う。

そのトリガーが、なければ起こっていないことがほとんどである。

そこにフォーカスし、それを減らすことができれば、
大きな問題に発展すること自体が少なくなる。
それに、その非は、本人が意識していないほど、
些細で、対策を打ちやすいものも多い。

例えば、クルマで、割り込んだつもりはないのに、
直進車は、ブレーキを踏まざるを得なくて、
結果的に割り込んだことになっているとか…。

悪さ加減に応じた「喧嘩両成敗」が大事だと思う。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 10:46| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

ガソリン車航続走行距離÷給油時間>EVの航続走行距離÷充電時間…

最近、サービスエリアや
道の駅の給電ステーションで
充電しているEVが増えた気がする。

以前、こんなことを書いたが
本当に、全部EVにするというのなら、
そのくらいの発想が必要だと思う。

大きなエポックがなければ、

ガソリン車航続走行距離÷給油時間
 > EVの航続走行距離÷充電時間

の関係は大きな差のままだ。

今の累計台数シェア(現在の登録車に占めるEVの割合)で
あの使用率である。

必要な給電ステーション数は、
かつてのガソリンスタンド数を遙かに上回ることになる。
それだけのインフラ整備が必要。

場所が確保できないサービスエリアなら、
大部分の駐車エリアを無接点の充電エリアにし、
休憩時間=充電時間にするくらいが必要では…。

これって、本当に、エコ?

クルマを含めた「系」で考えた議論が必要だと思う。


ガソリン車の存続を切に願う!


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 15:24| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月1日…

大きな声では言えないが(苦笑)
やはり一般企業の人とは、
「感覚」が違うと思った。

元号が変わるというのは、
末端の仕事になると、
システムや業務に大きな影響がある。

公務も、影響は同じ。
公務は西暦ではなく、元号を使うから、
1ヶ月分だけ、平成29年度の書類やシステムを用意し、
すぐに、○○1年度分の書類やシステムを用意しなければならない。

原資は税金である。

一般企業の人、
今のコンピュータ社会で、その中身に少し造詣がある人であれば、
大変さは容易に想像できる。

崩御に伴う改元なら、致し方ない。

しかし、事前に計画できる改元なら、
いろいろ駆け引きはあるんだろうけど、
もっと違う選択肢が有力であっていいと思う。

一番の当事者の方は、本当に、
それを望んでおられるのだろうか。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 09:11| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルメットと探偵物語とテレビ…

私が原付に乗り始めた頃は、
ヘルメットは、法的に被らなくてよかった。

歳がばれるが、
当時原付でヘルメットを被っている人はいなかった。

自動二輪でも、
制限速度が、原付の法定速度と同じ30キロ以下なら、
ヘルメット不要だった。

今は、ノーヘルで走ることは怖いけれど、
当時はそれが当たり前だった。


松田優作が、「探偵物語」でベスパに乗っているイメージ。

ただ、松田優作が、乗っていたベスパは、
原付ではなかったから、厳密には、ヘルメットが必要だった。

それでも、それを平気で放送していた頃が懐かしい。
今でも有料の衛星放送で再放送していることはあるけれど、
地上波での放送は無理だろう。
本質をわかっていない視聴者から、クレームが来る。

親や本人の責任で、考えて行動しなければならないことを、
「テレビのせい」にする。

自分たちの責任を棚に上げて、放棄して
メディアのせいにするから、
その影響で、面白いモノが観られなくなる。

でも、面白いモノを観たくて、
さらに悪質なインターネットの不適切なものを観る、悪循環。

例えばだが、テレビのタバコやカーチェイスのシーンが悪くて、
・サスペンスの殺人事件
・時代劇の悪人
・ニュースやワイドショーでの犯罪の報道
が悪くない「違い」が私には、わからない。

そんな見方をすれば、
Eテレで放送している一部のコンテンツ以外は、
ほとんど何らかの難癖が付けられる。
放送できるものはほとんどない。

ちゃんと育てられた、ちゃんと育った人なら、
どんなものを見ても、ちゃんと自分で、善悪は判断できる。

今、自粛されていることが、
まだバンバン流れている頃に育った私たちが、
それほど、イカれているとは思わないのが、その証明。

そういう抗体を少しずつつけながら育っていかないと、
社会に出たときに、何もできない。
人に育てられた野生動物が、
野に放たれた後、生きて行けないのと同じ。

何か勘違いしている気がする…。


※意見には個人差があります。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 08:28| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする