2018年02月06日

ユーミンからの、恋のうた。…

松任谷由実の45周年ベスト
ユーミンからの、恋のうた。が出るらしい。
posted by smdj at 21:46| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

レコードの夢で逢えたら…

EIICHI OHTAKI Song Book III 「夢で逢えたら」の
レコード
出るらしい。
posted by smdj at 22:21| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

1ヶ月半遅れで…

CD発売から
遅れること1ヶ月半、
レコードの「相聞」が発売され、
手許に届いた。

1ヶ月半は、ちょっと間が空きすぎる気がするが
どうせならとレコードを待った。

2枚組の10曲だけど
A面:4曲
B面:ブランク
C面:4曲
D面:2曲

同梱されていた注意書きには、
アーティストの意向と書かれてた。

製作側からすると、
3、3、2、2としたいところを、あえて
4、0、4、2とするということは、

・続けて聴いて欲しい曲の面を分けたくなかった
・針を降ろす回数を少しでも少なくしてあげたいと思った

これくらいしか、私には、その理由が思いつかない。

まあ、いいんだけど…。


恐らく次作は、
一枚に収まるように創るのではないだろうか…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:29| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

夢で逢えたら…

大瀧詠一の
「夢で逢えたら」を60組以上がカバーした
コンピレーションアルバム
EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」(1976~2018)
出るらしい。

同じ曲ばかり…ちょっと気になる。
posted by smdj at 11:38| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

enigma…

MONKEY MAJIKの
新アルバム
enigmaが出るらしい。
posted by smdj at 21:23| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新空間アルゴリズム…

スキマスイッチの
久々の新アルバム
新空間アルゴリズムが出るらしい。
posted by smdj at 21:17| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

はしだのりひこ…

私にとっての
はしだのりひこさんは、3つだ。

音楽の教科書で知った
♪風
はしだのりひことシューベルツ

「花嫁は、夜汽車に乗って…」のフォークソングの名曲
♪花嫁
はしだのりひことクライマックス

広島が産んだ一番のアナウンサー柏村武昭さんの
奥さん、林竹洋子さんがボーカルで、
テレビ「凡児の娘をよろしく」の主題歌
♪嫁ぐ日
はしだのりひことエンドレス

どれも、何度聴いても飽きない。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 19:55| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

レコードの「相聞」…

発売日は
遅くなるが
中島みゆきの相聞のレコードが出るので、
CDから予約を変更(苦笑)
posted by smdj at 22:44| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

レコードは気になる…

ソニーの
レコードプレーヤー
PS-HX500を手に入れてからというもの
リリースされるレコードが気になる。

Amazonでレコードを発売日順に検索してみるが、
思ったほど、欲しいと思う新譜がレコードで出ない。

大部分は、初めて聞くようなアーティストが多い。

まだまだ、メジャーなメディアに戻った訳ではないのか、
生産量の制限があるのか…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:46| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

変わらない…

この歳?になると
「やはり『初期』の作品がいいよね」
というアーティストは多い。

また
「なんか『路線』変わったよね」
というアーティストもいる。

誰とは言わないけど…。

そんな中で路線を変えずに、
「さらにクオリティが上がっているんじゃない?」
という人もいる。

例えば:
・小田和正(オフコース時代含む)
・竹内まりや

共通するのは、
キャリアに比べて作品数(アルバム数)が少ない。
数を追わず、
よいモノを作り続けている結果か…。

もちろん、それだけではないと思うが…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 21:18| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする