2014年02月27日

ハンガー → ーガンハ

この歳になって
初めて意識した左利きに不利なグッズ。

それは洋服のハンガー。

利き手である左手でハンガーを持って上着を掛けてかけると
ハンガーの裏側を前にしてしまうのである。

明らかに肩を意識した立体的なハンガーを除く
平面のクリーニングから帰ってくるようなハンガーは、
無意識に使うと、ハンガーの裏側を手前にしているのである。

裏側とは、メーカー名などのない方のことであり
その時、フックが右を向いている。

だから、自分でかけたモノ、
他人(右利きの人)がかけたモノを
同じハンガーレールにかけると、
服が、同じ向きに向かないのである。

う〜ん


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

Lefty…2

ANDROIDの左利き用のウォッチ
きれい。
posted by smdj at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lefty…

INVICTAの左利き用のクロノグラフは、
ちょっと気になる。
posted by smdj at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

目が切符…

img_0586_4.jpg左利きにとって、結構問題なのが、
駅の自動改札。

切符を持ち、挿入口に入れるのは、当然左手。
挿入口は、当然右側。

左手を身体の前にクロスして、
腕の内側を上に向けるように捻って、入れる必要がある。
荷物の多い時は大変。

最近は、SuicaのようなICカードになり、
タッチするだけで済むので、少しは楽になった。

それから、想像つかないかも知れないが、
その改札レーンに向かうルートがどうしても右にオフセットしてしまう。
左手で、挿入またはタッチしようと思っているので、
無意識の内に、自分の身体が右に寄っている。
つまり、アプローチしようしている、タッチ位置に
自分の左手を持って行こうとしてしまっているのである。

後ろの人は、ワタシがどちらのレーンに向かっているのかわからないようで、
ぶつかりそうになったりすることもある。

昔は、「左利きレーン設置を」と言っていたが、
今の技術の進歩からすると、無線や、生体認証で、通過できるようになるだろう。
自分の目が「切符」になるかもしれない…。
posted by smdj at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

とっさの一歩…

雑踏の中を歩いていて、
対向してきた人と、ぶつかりそうになって、
片側に動くと、その人も同じ方向に動いてしまう。
そして、また反対に動くと、相手も…って、ことありますよね。

ワタシはそういうことが、恐らく他人より多いのかな〜と思います。

これを物理的に考えると、自分が:
・どちらの方向(左右)に動くか?
・どのタイミングで動くか?
に分解できます。

こういう経験が多い人は、
1.相手と同じ方向に動いてしまう。
2.相手と同じタイミングで動いてしまう。
その両方が同時に起こるということである。

自分のことを考えると、
まず、2については、「反射的に先に動こうとする」傾向がある。
すると、相手も、そういうタイプの人であると、
それが発生する確率が高い。
「まず、自分で動こう」と思うタイプなんだと思う。

次に、1に戻る。
動く方向は、その時の:
・真っ正面具合
・周囲の人を含めた物理的状況
に影響されると思うが、
ふと振り返ると、最初に動き、同調してしまう方向は、
どちらかというと、「左」が多い気がする。
相手が、ワタシから見て「左」(本人から見て「右」)に動いた場合に発生する。

ここからは、仮説なのだが、ワタシが「左利き」だからではないだろうか。
左利きだから、とっさに左に一歩動く。
他人は、右利きの比率が高いので、右に動く。
そうなると、同じ方向に動くことになる。

まとめると、
・自分から先に行動を起こそうと思う人同士で
・右利きの人と、左利きの人が相対した場合
に、発生する確率が高く、
たまたま、ワタシがそれに当てはまるのではないかと…。

----

余談だが、もうひとつ要素を加えるとすると、
その人の視線(≒思考)がどの辺りにあるかということだと思う。
ワタシは、どちらかというと、少し先を見て、全体を俯瞰する傾向がある。
(例えば、小雨だと、ワイパーを使わなくても、気にならない。
 ウインドウの先に焦点を合わせているので、雨粒が気にならないのである)
その結果として、直前のことに割く比率が少なく、
気がついた時には、目の前に、対向してきた人がいるのかも知れない(汗)


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

クリアファイル…

clearfile.JPGさり気ないところに、左利きだな〜と思うことがある。

例えば、画像のような書類を入れるクリアファイル。
セミナーとかに行くとよく配っている。

ワタシは、左手で書類を入れる。
右手では入れられない。
つまり、クリアファイルを右手で持つ。

ほとんどのクリアファイルには、いちおう「表」があって、
それなりの絵柄、文字がある。

左利きのワタシが、クリアファイルに書類を入れる時は、
開口部を左に向けないといけないので、
その「表」を「裏」にして、持つことになる。

それらを机に重ねて置くときも、必然的に「裏が表」。

決して、ネガティブに考えているのではなく、
こういうことを考える「余地」の与えられた?左利きでよかったと思う。
posted by smdj at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

テレビ好きということではなく…

img_0507.jpg昔から、新聞は最終ページから見る癖がある。
テレビ欄があるから、そうではない。
恐らく、私が左利きで、左手でページをめくるからだ。
日本の新聞は、縦書きだから右開き。
右利きに有利?になっている。

電子版になると、そのビハインドも小さくなる!?
posted by smdj at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Lefty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする