2017年10月26日

mindful…

新幹線の車内の電光掲示に、
車輪付カバンを使っている人への周囲の人へのお願いが、
流れていた。

その英文に
「mindful」
という、あまり(私は)使わない言葉が使われていた。

確かに「気を配る」というような意味はあるけど、
なんかしっくり来ない気がした。

日本人、日本語の奥ゆかしい「言い回し」を
そのまま英語にした感じがする。

要は、他の人にぶつからないように、ということ。
英語なら、それをストレートに使った方がいいんじゃないかな〜


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:02| Comment(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ソートされない…!?

AppleのiTunesが
アメリカ発だな〜と思うのは、
アルバム名順などでソートした時。

「c」の「d」の間に「t」が入ったりする。

定冠詞の「the」と
不定冠詞の「a」だ。

まるでないかのようにソートされる。

なかなか英語ネイティブじゃない人には、
難しいのが、この二つの単語。

空気のようにさりげないけど、
大事な単語なんだろうと思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:37| Comment(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

cartridge…

ふと思った。
「cartridge」という言葉。

身の回りで、
カートリッジと呼ばれるものを思い出した。

そういうものから、共通する概念は、
・モジュール化された設計で、部分交換により、
 本体の機能を発揮、維持できる
・モジュール化された形状の中のモノは、比較的不安定、繊細で
 外部からの影響に弱く、守る必要がある

私がまとめると、こういう概念になる。


そう思うと、レコードプレーヤーの交換針を
カートリッジと呼ぶのが、とてもしっくり来た。

決して、レコードプレーヤーが欲しいというアピールではない(笑)


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

やはり気になる…

ニュースを見ていて
あれ?と思った。

事件があって、犯人は逃げて、
被害者が病院に搬送されたというニュース。

「…被害者は、通行人の通報で病院に搬送されましたが、
命には別状ありません…」

私は、どうしてもこの日本語が引っかかる。

ニュースの中の「が」という逆接の接続助詞の使い方。

「…病院に搬送されましたが」と聞いた時点では、
病院に搬送され、起こることと逆のことを普通考える。

病院に搬送されるということは、
身体の状況がよい方向に向かうというのが、順接の考え方。

逆接だと、悪い方向に向かうこと。

「…病院に搬送されましたが」と聞くと
その甲斐なく、死亡、もしくは悪化をイメージする。

それに対してニュースでは、
その反対の命に別状がないという、順接の内容が続く。

だから聞いていて、あれ?と思う。

「が」の代わりに「ので」が使われていれば、
私にはすんなり入ってくる。


一番正しい日本語を使っていると思われるテレビのニュースが
そういうことは、
私の感覚の方が間違っているのだろうか…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

現代ことば考…

日経で密かに好きなのは
日曜朝刊の最終面の
言語学者、井上史雄さんの「現代ことば考」

自分が決して上手な日本語を使っているとは思わないが、
日本語は気になるので、
興味深く読んでいる。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

shuffle…

以前のブログの頃
書いた気がするが、
shuffleという単語が好きだ。

randomに似ているが違う。

randomは、サイコロを何度か振るイメージ。
バラバラだが、2の目が何度も出てくる。

shuffleは、トランプを切るイメージ。
バラバラにはなったが、何度めくっていっても
ハートのエースは1枚しか出てこない。


アップル製品のシャッフル再生は、
必ず、一巡するまでは、同じ曲を再生しない。
randomではなく、shuffleなのだ。

逆に、randomを使っている製品は、
なんとなく無責任な感じがする。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

shuttle…

一般的な単語だが
shuttleという単語が好きだ。

弾丸のようなカタチのイメージがあるかも知れないが、
一番の意味は、「行って帰ってくる」
そんな概念だと思う。

shuttle bus
space shuttle
など。

機織りの糸を左右に渡す道具が語源とか。
確かに、往復している。


ホンダのシビックシャトルは、
通勤とか、そういう使い方をイメージしていたんだろうか。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

literacy…

literacyという
言葉も、日本語に訳しにくいと思う。

物事をちゃんと理解して、それを記述するチカラ。

「識字率」という訳を当てている場合があるが、
ちょっとニュアンスが違うと思う。

適切な日本語がないということは、
そういう文化が日本にはないということだと思う。

いろんな分野のリテラシーを持ちたいと思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

4年ぶり…

そんなに興味ないのだが
オリンピックの関係で気になることがある。

以前も言った「ぶり」という言葉。

4年に一度のオリンピックなので、
その言葉をよく聞く。

「前回の入賞が北京ですから、8年ぶりです」
という説明。
確かに年数は、そうだが、やはり違和感を覚える。

これを、リオの前、ロンドンに置き換えると、
「前回の入賞がロンドンですから、4年ぶりです」???

4年間、夏季オリンピックはなかったので、
これは「連続入賞」ということ。
「4年ぶり」と聞くと、間が開いている気がするけど
実は連続。

先の例の場合だと、
「前回の入賞が、北京ですから、一大会ぶりです」
というのが、私にとっては一番しっくり来る。

誰もそんなこと気にしてないのかもしれないけど…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

落ち着く…

ふと思った。

私は、文章を書くと
「落ち着く」ということ。

何気なく思いついたことを文章にする。
負けたカープへの想いを文章にする。

そうすることによって、
気持ちを落ち着けている。

このテーマで書こうと思ったときには、
頭の中で、既に構成ができていて、
後は、キーボードに向かうだけ。

途中で、誤って消してしまっても、
8割くらいは、元通り書ける。

理系人間なので、
決して文学的ではないけど、
伝わることにに意識している。

一番伝えたいのは、
自分自身に対してかもしれない。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする