2018年05月13日

辞書は最高…

タモリ倶楽部(広島地区では数ヶ月遅れで放送)で
個人の辞書コレクターの紹介だった。

校正をする人で、それがエスカレート?して6000点。
ただし、百科事典のようにセットものも、セットで1点だから
冊数にするとさらに多くなる。
同じ辞典でも、版違いだけでなく、
内容が同じ「刷り」違いも(汗)

そこまではないが、少し?収集癖?があるのと
子供の頃から辞書、辞典を見るのが好きだったので、少し共感。

やはり辞書は紙がいい。
あの「偶然」に出会える一望性は、
電子辞書では永遠に無理だと思う。
電子辞書は、「紙の後継」ではなく、
共存して、使い分けるモノだと思う。

小学生の頃は毎日辞書や百科辞典を調べては、
自分なりにまとめたり、
別々のページのデータを集計したりしていた。
今だったら、インターネットで
あっという間にわかることを自分でひとつずつしていた。

都道府県の面積なども各県のページから拾っていたので、
1位北海道、2位岩手、3位福島、4位長野、5位新潟と
今でも覚えている。

「自称データサイエンティスト」と言っているのは、
この頃の影響も大きいと思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 09:19| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリ好き…

子供の頃、虫のアリが好きだった。

もしかしたら、カブトムシやクワガタ以上に
好きだったかもしれない。

透明な瓶に、砂を入れて、
そこにアリを入れて、巣を作らせていた。
透明なので、アリが作る巣の経路が延びていくこと、
そして、そこを動くアリ達を見ることが好きだった。

そのために、庭に、甘いものをワザと置いて
アリを集めていた。

経験的には、全長5ミリ以下の小さいアリの方が
よく巣を作ってくれた。


保育園に行くと、1センチ以上の大きなアリがいた。
そこでは集めずに、遊ぶだけ。

その代わり、保育園の庭に、
自分で考えたアリの巣の平面図?を
木の棒で描いていた。
ここが女王蟻の部屋、
ここは、食べ物置き場、
そんな感じ。


ちょっと変わった子供だったかもしれない(苦笑)

思い出したら、
また、巣を作らせたくなった…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 07:17| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

忠犬れお…

reo.jpg誰かを待っているようです。
posted by smdj at 06:18| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お先にどうぞ…

一本道で
後ろに二輪車が着くと
どうにか、前に行ってもらおうとする。

例えば、
・ウインカーを出して、少し速度を緩める、
・少し車線幅が広いなら、センターライン沿いを走り、
 路肩を広く空ける、
・信号待ちで止まるときは、左端を空ける、
など。

バイク乗りの、「先に行きたい気持ち」と、
仮に絡んでしまった時の大変さがわかるから、
とにかく前に行って、離れてもらおうとする。

それがお互いにとって、メリットあると思うから。

双方の立場がわかることは、
何においても大切だと思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 05:45| Comment(0) | Monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

今日のカフェ…

cafe_choco.jpgチョコフレーク
+エスプレッソのかき氷
+チョコレートアイスクリーム
+ホイップクリーム
+キャラメルソース
+ミントの葉

エスプレッソに入れた
マカデミアナッツシロップが隠し味。
posted by smdj at 22:40| Comment(0) | Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

貪欲さが足りない…

わからない。

9回表好投の岡田が
追いつかれた後の9回裏、一死三塁。
走者は脚の速い代走上本。
打者は何でもできる菊池。

どうして、スクイズじゃないの?
それで終わりじゃん。

どう考えても、ここで終わらせないと
流れはベイスターズ。
カープリリーフ陣にも不安が多い。

まあ、打ったにしても、
どうして菊池のセンターフライで
タッチアップさせないの?
あの深さなら、悪送球になることも含めて
チャンスは高かった。
あれで上本にタッチアップさせないのなら
代走の意味ないし。

カープベンチに
貪欲に勝ちに行く姿勢が見られない。

気持ちで負けている。


まだ現時点では延長の途中だが、
勝てそうな気がしない。


試合結果:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018050903/top


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:05| Comment(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

客観的にカープファンを証明する…!?

スカパー!の
プロ野球セットには
とてもお世話になっているが、
ちょっと残念なことがある。

カープの主催試合だと
ネット配信がないこと。

他の球団の主催試合だとネット配信が多く
出先で観られることが多いが、
マツダスタジアムの場合は期待できない。

少なくともシーズンの半分以上はネット配信がない。

それなのにプロ野球セットの料金が同じなのは
ちょっと残念。
「カープファン割引」があれば嬉しいけど、
カープファンを客観的に証明する
手立てがないですね(笑)


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 20:29| Comment(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

制球力が足りない…

九里の力投もあり
負けてはいけない展開の試合だった。
最下位スワローズ相手に、負け越し。
9連戦は、雨で一つ流したけど、
5勝3敗とかろうじて勝ち越し。


やはりカープ投手陣は制球力をつける、
そのための技術と精神力を養う、
そこが必要だと思った。

延長10回裏、追いつかれたのも、
今村が与えたストレートの四球2つが起点。

延長11回裏、サヨナラに繋がったのも、
一岡が二死から与えた四球が起点。
それも先日プロ初安打を打ったばかりの
ほぼ新人のような相手を追い込んでからの、明らかな四球。

打線が、延長含めて3得点だけというのも
もちろん反省ではあるが、
無駄な四球での失点はいただけない。

とにかく、ストライクゾーンに投げないと話にならない。
黒田イズムが消えつつある。


采配の反省点は、
11回表二死一二塁のチャンスに、野間をそのまま立たせたこと。
最近調子がいいとは言え、パンチ力がない。
まだベンチには、松山が残っていた。
松山だったら、相手に与える圧力が違った。

それと、11回裏二死から一岡が明らかな四球を与えた後。
もう後がないのだから、アドゥワに任せる手もあったと思う。
一岡は、明らかにコントロールと球のチカラが落ちていた。


試合結果:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018050601/top


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 22:35| Comment(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

審判が進塁…!?

野球中継を観ながら
ふと思ったことがある。

コースを外れた投球を捕手が取れずに
直接、主審に当たって痛がっていた。

主審に死球を与えて、
主審が一塁まで歩いて、一塁塁審になるのはどうだろうか。

塁審は、それぞれ「玉突き」で、次の塁の審判をする。
つまり、三塁塁審が、主審になる。

だから何だ?
そういう単なる思いつき(笑)

ただ、それくらいの「遊び心」がないと
褒められることのない、けっこう大変な仕事だと思う。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 19:51| Comment(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死球考…

スワローズ小川監督の
死球に関するインタビューを見て、
???と思って調べてみた。
(5月5日現在)

与死球は
カープ:12/31試合=0.39
タイガース:4/27試合
ベイスターズ:10/28試合
ジャイアンツ:7/29試合
ドラゴンズ:14/30試合
スワローズ:14/29試合=0.48

確かに、中村祐太5は多すぎるが、
チームとしては、
スワローズの方が1試合当たり1.2倍多い。

逆に、死球を受けたのは
カープ:12
タイガース:9
ベイスターズ:6
ジャイアンツ:12
ドラゴンズ:6
スワローズ:12

確かに、スワローズの
青木6、西浦4と二人で10は多いが、
カープも、
田中4,會澤3,野間3,エルドレッド3と
そこそこ受けている。

昔ならあったかもしれないが、
今どき、誰もワザと当てようと思ってはいないはず。
死球は、走者が増え、自らの負けに近づく。
たまたま失投したところが、
そこに行っただけだから、
悪さの程度の問題は議論にならないと思う。

名人?達川さんのように当たったと、騙す?人もいない(笑)


個人的には、頭部への危険球退場も
理に適っていないと思ってる。
・当てようと思って、当たらなかった投手(故意)
・当てるつもりがないのに、当たってしまった投手(過失)
故意が退場させられず、
過失の方が退場させられる今のルールは、
私には理解できない。
ただ、その判別が容易ではないので、
そうはできないのだろう。
それに、誰にメリットがあるのかわからない。
利がなく、理に適っていないルールなら、やめればいい。


もちろん、与「四」球が多く
制球力が落ちているカープ投手陣は
もっと練習するべきとは思うが…。


↑の画像と記事は関係ありません。
posted by smdj at 07:31| Comment(0) | Carp/Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする